映画を観る。

平日の八丁座がこんなに混みあっている

光景を初めて見た。

「孤浪の血」2018年 日本映画



広島と呉を舞台にした警察と暴力団の物語。

昭和63年といったら、私はもう成人していたが

こんな世の中があったのかと思うくらい。

まず冒頭で指を詰められるシーンが…

思わず目を背けてしまった。



とにかく殴るー蹴るー刺すー撃つー殺すということが

しつこいくらい、徹底的に描かれている。

現在の殺人は陰湿なやり方が多いなか、とても潔く息の根を止める。

スカッとした。

只今絶賛上映中だが、続編が決まったらしいです。

楽しみができました。



at 08:57, t-frere, -

comments(0), -, - -

いろんなロス。

4月に伯母や義父の死去によって

非日常の日々が続きました。

決算を仕上げないといけないという

プレッシャーもあって、ブルー極まりない。

といっても、毎年のフラワーフェスティバル。




行ってはみたものの…心にひっかかりがあると

いつものように楽しめていない自分がいた。

またそれに拍車をかけるように、息子が

ひとり暮らしをするため、竹原市に引っ越し。

息子のものが無くなったがらんとした部屋。

少なくなった洗濯物。

まさにこれをロスと言うのでしょう。

涙が出ます。

at 09:50, t-frere, -

comments(0), -, - -

今年初めて。

今シーズン初のマツダスタジアム。

まず広島駅前を上から眺め。



そして腹ごしらえ。


何年かぶりのデーゲームにうきうき。



やっぱりここはいい。

試合は負けてしまったけれど、ここに

いれただけで幸せでした。

at 15:02, t-frere, -

comments(0), -, - -

空を見上げる。

初夏を思わせるいい天気が続いています。



先日義父が亡くなった。

数年前からの認知症の末、最期は肺炎だった。

消え行く命を見守っている間、義父にとって

この80年の人生はどんなだったろう?

考えてみていた。

私がこちらに嫁いできて、いつも優しくして

もらった。

特にこの仕事をするにあたってのお手本でした。

資金の廻したり、銀行とどう付き合えばいいのか

いろいろ教えてもらった。

それは今も私の仕事をする上で活きています。

とても印象に残っていることがある。

義父が長年通っていた理髪店があった。

認知症のため、自分で運転して行けなくなった。

月に一度その理髪店に連れて行ってあげた。

車内での会話もちぐはぐだったが、散髪したあとのスッキリした表情がよかった。

そのうちに車のドアを開けること、シートベルトを締めることもままならなくなった。

その理髪店に行くことを断念した。

…葬儀を終え、出棺のとき、ものすごい青空だった。

「私はお義父さんに何をしてあげただろう?」

自分に問いかけた一瞬でした。

at 13:43, t-frere, -

comments(0), -, - -

DVDを観る。

この作品はもう何回観ただろう?

映画好きになるきっかけだったかも。

「ホノカアボーイ」2009年日本映画



ハワイ島のホノカアという田舎町。

日本からやってきたレオと昔から住む

日系人たちのお話しです。



倍賞千恵子(ビー)と岡田将生(レオ)との

奇妙な関係と出てくる食事もよかった。

脇を固める松坂慶子、正司照枝なども

いい味を出していると思いました。

少し疲れているかたにオススメしたい

1本です。

at 23:34, t-frere, -

comments(0), -, - -

着工。

自宅下の川の工事が始まりました。

石垣の補修だと聞いていたけど、すごい

大がかりなことに。







これからどうなるんでしょう??

春らしい空と草花が私の仕事のやる気を

失わせております。





つい先日父方の伯母が亡くなりました。

101歳の大往生でした。

ずっと近くに住んでいて、いつも気にかけて

くれていました。

これを機に私の生活も変わりそうです。

at 10:12, t-frere, -

comments(0), -, - -

卒業。

息子が大学生活を終えました。

4年間なんて、あっという間でしたね。



これで完全に子育て終了しました。

たいして母親らしいこともしてこなかった

けれど、大きくなるもんです。

ずっと続けたアルバイトも終了。



あと数日で社会人です。

しっかりオキバリヤス。

at 10:37, t-frere, -

comments(0), -, - -

映画を観る。

久々のサロンシネマです。



まずはいつものハンズカフェで腹ごしらえ。





デザートも。



「シェイプオブウォーター」
2017アメリカ映画

声を失った女性とアマゾンから研究材料のために連れてこられた半魚人の彼とのお話しです。



主人公イライザ役のサリーホーキンスが素朴で地味なんだけど、よかったです。

R15 なのは、銃で撃たれたり、指を切断したり…グロテスクな場面もあったり。

アカデミー賞作品賞にも輝いたオススメの
1本です。

at 11:02, t-frere, -

comments(0), -, - -

私のお気に入り。

いつも行く雑貨屋さんで見つけた。

moon starの白いスニーカー。

昔でいうところの「月星の靴」です。


学校のころの上履きや体育館シューズ

ナイキなどの外国ブランドの靴が出回って

いない時代はこればかりでした。

今はあんまり見る機会がなく…

よく見ると、「made in kurume」と

靴底にありました。



工場があって、こだわりを持って製造されて

いるんだなと思いました。

それを裏切ることなく、軽くて長時間履いていても

気持ちいい感覚でした。なかなかしっくりくる

?に出会えなかったので、嬉しいですね。

ついでに「無印良品のメガネ拭き」。

使い捨てですが、安価できれいになります。



まとめ買いで、ヘビーユースしております。




 

at 14:42, t-frere, -

comments(0), -, - -

カナエンサイ夢。

中国新聞で「カナエンサイ夢」の広告を

見つけた。



クラウドファンディングという言葉は聞いたことはあったけど…

要するに事業を起こそうとするときに

その資金を賛同してくれるたくさんの人たちから募ろうということ…のような気がする。

そして私が選んだのが、障害者アート。



前から興味があって、目標金額もまあまあだったので、参加した。

そして数週間経ったある日、支援のお礼が
届きました。



こんなにいただけるとは思っていなくて、申し訳ないやら、もったいないやらでした。

まだ目標金額に達していないようです。

ホームページ等を見て、よかったらご協力お願いします。


 

at 00:23, t-frere, -

comments(0), -, - -